室内で熱中症になりました!水分補給プラス食事で予防。 | 月がなくても*つきなみブログ

室内で熱中症になりました!水分補給プラス食事で予防。

カラダのこと

エアコンが効いている室内の仕事なのに、
仕事中に熱中症になりました。。

頭痛と吐き気で倒れそうでした。
もう2度となりたくない!

室内でもなった!甘くみてはいけない熱中症。

熱中症は、高温多湿な環境に長くいることで、
徐々に体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温調節機能がうまく働かなくなり、体内に熱がこもった状態を指します。

屋外だけでなく室内で何もしていないときでも発症し、救急搬送されたり、
場合によっては死亡することもあります。

熱中症の症状

めまい、立ちくらみ、
手足のしびれ、
筋肉のこむら返り、気分が悪い
頭痛、吐き気、嘔吐、
倦怠感

重傷の場合は、
返事がおかしい、意識消失、けいれん、からだが熱いなどがあります。

食事で水分補給ポイント

汁物や野菜、果物などからも水分は摂取できます。

夏場は特に意識して食事で水分を補給することが、
熱中症予防のカギを握ります。

水分として水分を摂るにも限界があります。

食事で水分を補給することも考えていきましょう。

お味噌汁

 水分摂取ができる代表的なメニューが、みそ汁やスープなどの汁物です。

食事の際、みそ汁や野菜スープをつけることをオススメします。

汁物には塩分が含まれ、
タンパク質(豆腐、肉など)やミネラル(野菜)を1品でとることができます。

鍋料理やポトフ、豚汁などの具だくさんの汁物がよいでしょう。

消化も早く、バランスに優れ、十分な栄養がとれます。

多目に作って翌日の朝食に食べるのも熱中症対策としては効果的です。

パンよりお米

パンよりご飯の方が水分量が多く、
朝練前の食事や汗をかいた後の補食に適しています。

ほんの少しの水分な気もしますが、
やはり日本人はお米とお味噌汁が効くのではないでしょうか。

デザートには果物を用意

ビタミンは体力の回復にはとても大事な栄養素です。

ビタミンが豊富に含まれている果物は水分も多く含まれています。

1日3食の食事だけでなく、補食や夜食にも果物を用意しましょう。

レモンの蜂蜜漬けとかおいしいですよね。

フルーツヨーグルトにしたり、牛乳と果物をミキサーにかけてミックスジュースにするのもいいでしょう。

アイスノン 首もとひんやり氷結ベルト (カバー1枚 ゲル2コ入)

新品価格
¥869から
(2020/6/21 09:59時点)

まとめ

熱中症はからだの異常です。

いのちに関わることもあります。

夏場は特に食事に気を使って、体調を壊さないようにしましょう。


コメント

タイトルとURLをコピーしました