睡眠障害の可能性も?ムズムズ足症候群。予防と対処方法。 | 月がなくても*つきなみブログ

睡眠障害の可能性も?ムズムズ足症候群。予防と対処方法。

カラダのこと

むずむず症候群とは・・・

レストレスレッグ症候群とも言います。

じっと座ったり横になったりすると、主に脚がむずむずする、ぴりぴりする、かゆみ、痛みなどの強い不快感が現れる症状です。

人によっては脚だけではなく腰や背中、腕や手に症状が現れる場合もあります。

特に夕方から夜間にかけて症状があらわれるケースが多く、睡眠障害の原因にもなりやすい病気です。

また日常の座ったままやじっとした姿勢の活動を阻害されるため放置していると日常生活に大きな影響を及ぼします。

一般的な症状

  • 足の不快感
  • むずむずする
  • じっとしていられない
  • かゆい
  • ピンでなぞられているような感覚
  • 蟻やミミズなどの虫が這っているような感覚

などの異様な感覚が現われます。

推定患者数は200万~400万人で、決して珍しい病気ではないようです。

病名に脚がついているが、異常感覚は顔や口、手、腹部などに表れることもあるという。

子供の場合は、
ADHD(注意欠陥多動性障害)と間違えられることもあるようです。

ムズムズ病の原因

はっきりしたことはわかっていませんが、
大きな要因としては、体質と食生活といわれています。

鉄分不足の状態で、ドーパミンがうまく合成されず、症状を引き起こしているのではないかと考えられます。

また、他の病気や薬などが原因となって起こるものもがあり、
慢性腎不全による透析中の方、妊婦さん、糖尿病、パーキンソン病、関節リウマチ、貧血の方が多いようです。

治療と予防

鉄分の補給。

ひじき、さば、あさり、豚肉がよさそうです。

サプリメントを摂るのもいいと思います。

カフェインを摂り過ぎない。

コーヒー、チョコレートなどカフェインの摂り過ぎは控えましょう。

良い睡眠を取れるように。

よく眠れるように適度な運動をしましょう。
体が疲れていれば、時間とともに自然と眠くなります。
温度が低めのお風呂にゆっくり入ったり、アロマを焚いてみたりするのもいいですね。

私の症状

10歳くらいからこの症状はたまに出ています。

最近では、ほとんどが夜寝る前です。

足がかゆいけど、どこがかゆいのかわからない感覚や、トイレに行ったすぐあとでも、また行きたいような残尿感があります。

じっとしていることがつらいです。

子供の頃は授業中に座っていることがつらくて、よくトイレに行ったりしていました。

この症状は30歳を過ぎた今でも、たまに現れます。

眠れなくなるほど酷い時も1年に1回くらいあります。

症状が出た時には、がんばって眠ろうとするとむずむずが気になって余計に眠れずストレスになるので、寝ることを一旦諦めます。

ヨガやランニングをしたり、気をそらして究極の睡魔を待つようにしています。

念のため、鉄のサプリを常備しています。

まとめ

思うように眠れないことはとても大きなストレスになります。

中高年に多く見られ、女性の割合が多いようです。

特に鉄欠乏症貧血の人に出やすい傾向があります。

症状が進むと不安・抑うつなどの精神障害を合併することがあるので、
早期に専門医に相談するとよいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました